So-net無料ブログ作成
検索選択

補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で−地域主権会議(時事通信)

 鳩山政権の地方分権改革の柱の一つである、ひも付き補助金の一括交付金化について、制度化に向けた検討方針が2日、明らかになった。現行の地方向け補助金や交付金を性格別に4種類に分け、一括化の対象になるかどうかを精査する。3日開かれる政府の地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)で議論する。
 同会議は、(1)国が地方の業務を縛る「義務付け」の改革(2)都道府県から市町村への権限移譲(3)一括交付金化(4)国出先機関の抜本改革−の主要4分野について、担当主査を決めて検討。改革の基本的考え方を示す「地域主権戦略大綱」の骨子を5月、原案を6月にそれぞれ策定する。
 このうち一括交付金化では、各省の補助金や交付金を▽子ども手当などの「現金給付」▽高齢者医療や介護保険などの「保険」▽障害者福祉や義務教育などの「サービス」▽国土交通省の交付金や各省の施設整備費補助金といった「投資」−の四つに分ける。分類した後、一括化の対象となり得る分野を整理する。 

【関連ニュース
道州制に否定的=「地方分権の試作品」
ハローワークは移管対象外=国の出先機関改革で
鳩山首相、メンバーから除外=「オブザーバー」参加に
国の出先3万5000人以上削減=統廃合推進
施政方針演説要旨

首相、5月訪中を検討=上海万博開会式出席で(時事通信)
前原国交相、小沢幹事長の自発的辞任に期待感(読売新聞)
<鳩山首相>親が自殺した遺児と官邸で面会(毎日新聞)
<津波>海面が1メートルも上下 三重県大紀町の漁港(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>運転の男を起訴 危険運転致死罪(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。